ウィキペディア、フリー百科事典から





内装は20mm 厚のパッドに優しい手触りのマイクロフリースプラッシュ生地です。痛みやすいヘッド部とブリッジ部の内装と、ストラップピン設置部を強化し耐久性も追求。楽器を優しく包み込むように保護します。

ボディ部外側にA4 サイズ収納可能なフラップ付きポケットを装備。さらにフラップ部には、電子機器等の収納に向いたマイクロフリース内装の小型ポケットを配置し、収納力も抜群です。パッド入りで柔らかな握り心地のサイドハンドルと、電車移動等立った状態での運搬に便利な背面の持ち手ハンドル、更にショルダーストラップも装備しており、快適な持ち運びをお約束します。滑りにくく、つまみやすい形状にこだわって設計したジッパータグは開閉の際のストレスを大幅に軽減します。

【サイズ(内寸)】
・全長:1054mm
・ボディ長さ:508mm
・ボディ高さ:75mm
・ヘッド幅:160mm
・ボディ上部幅:305mm
・ボディくびれ幅:305mm
・ボディ下部幅:356mm

※大型商品のため誠に勝手ながら「北海道、沖縄地区、離島部」には配送ができません。こちらの地域の方はご注文されてもキャンセル処理といたします。

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー