ウィキペディア、フリー百科事典から


Mr.カラーは世界中のモデラーから長年高い評価を得ている定番的な模型塗料です。
色数が豊富で、キャラクター、スケール(戦車、飛行機、船)など数多くの模型ジャンルの塗装に対応します。
Mr.カラーで塗装する際は、適宜Mr.カラー用うすめ液で薄める必要があります。
Mr.カラー用うすめ液は、Mr.カラーを使用した筆、およびエアブラシの洗浄にも使用することができます。
Mr.カラーを筆塗りする際は、1~2層塗りがおすすめです。
筆塗りの際はうすめ液で希釈する必要は基本的にはございませんが、塗りづらい場合には塗料の粘度に合わせ、適宜少量ずつうすめ液を加えてください。
エアブラシを使用する際は2、3度に分けて薄く重ね塗りしてください。
エアブラシ塗装をする場合は、塗料の粘度に合わせて、塗料1:うすめ液1~2の割合を目安に希釈して下さい。
光沢系のMr.カラーは、C30フラットベースによって光沢度を調整することができます。
半光沢仕上げにする場合は、塗料の5~10%程フラットベースを混ぜます。
また、塗料の10~20%程フラットベースを混ぜるとつや消し仕上がりになります。
フラットベースの割合を調整することで、様々な光沢度に調整することができます。