ウィキペディア、フリー百科事典から






◆商品名:ALPINE(アルパイン) X(エックス) 7X10inchセパレート2ウェイスピーカー X-710S

製品型番:X-710S
輪郭の際立つ音を再生する「ナノファイバー振動板」を採用
音を緻密に描き分ける「カーボングラファイト振動板」を採用
パワフルに音をとらえきる「超高密度ラジアルリングマグネット」を採用
力強さと音の広がる空間を感じさせるデザイン

商品紹介■輪郭の際立つ音を再生する「ナノファイバー振動板」を採用
新たにウーファー用として「ナノファイバー振動板」を開発。
素材を微細化する最新技術で高密度に仕上げられた振動板は、音の伝播速度と内部損失の向上を実現。
一音一音の明瞭なレスポンスと心地よいクリアなサウンドを生み出し、音が空間から出てくる印象が強くなります。

■音を緻密に描き分ける「カーボングラファイト振動板」を採用
ツィーターの振動板に高級ホームオーディオで使用されることもあるカーボングラファイトを採用。
軽量・高剛性の素材により振動板の弾性率・音速が大幅に向上することで、あらゆる音の違いを細部まで描き分けます。

■パワフルに音をとらえきる「超高密度ラジアルリングマグネット」を採用
クラス最大となる35mmの大型で、軽量・高密度な銅クラッドアルミスクエアワイヤーによるボイスコイルを開発。
歪みを抑えてどこまでも追従する音を実現。
さらに高密度化(ナノ結晶)技術による超急冷押出しネオジウムマグネットと合わせて、パワー感にあふれた切れのあるサウンドを再生します。
※同クラスのスピーカーで35mmのボイスコイルはALPINEのXシリーズのみです。(H28/9現在)

■力強さと音の広がる空間を感じさせるデザイン
新たに開発されたスピーカーデザインは、ウーファーやツィーターの細部において切削した精密なパーツの組み合わせをイメージさせ、塊と張りを感じさせる造形で力強さを表現。
さらにウーファーはフェーズプラグを二色化したリングモチーフと、力強い音を支えるイメージを強調したフレームデザインにより、空間を創りだす音の広がりを表現しました。
またネットワークデザインもゴールド加飾でモチーフを統一。
ヘアライン仕上げを施すことで高級感を演出しています。

■大口径で繊細で緻密な表現を大迫力で楽しる
面積比で、17cmの1.93倍となる7×10インチ(18×25cm)の振動板を採用

■ハイレゾリューション・オーディオに対応
高音質のハイレゾリューション・オーディオに対応しています。
アルパインは、日本オーディオ強化のハイレゾ定義に準拠した製品にハイレゾリューション・オーディオのロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。ご注意(免責)>必ずお読みください※製品の詳細情報や適合情報等に関しましてはご注文前に必ず各メーカーホームページで最新情報をお確かめ下さい。

ALPINE(アルパイン) X(エックス) 7X10inchセパレート2ウェイスピーカー X-710S

ボーン・トゥ・ダイ

この記事は、ラナ・デル・レイのアルバムに関するものです。その他の使用法については、Born to Die(曖昧さ回避)を参照してください。 ラナ・デル・レイによる2012年のスタジオアルバムボーン・トゥ・ダイスタンダードエディションのカバー。デラックスエディションの表紙には、タイトルが明るい赤のテキストで表示されています。スタジオアルバム ラナ・デル・レイリリース済み2012年1月27日 (2012-01-27)記録2010–2011スタジオエレクトリックレディスタジオズ(ニューヨーク市)カッティングルームスタジオ(ニューヨーク市)ジャンル オルタナティヴポップ バロックポップ インディーポップ サッドコア トリップホップ 長さ49:28ラベル ストレンジャー インタースコープ ポリドール プロデューサー パトリック・ベルゲル ジェフ・バスカー クリスブレイド エミール・ヘイニー ジャスティンパーカー リック・ノウェルズ ロボポップ アル・シャックス ラナ・デル・レイ年表 ラナ・デル・レイ(2010) ボーン・トゥ・ダイ(2012) パラダイス(2012) からのシングル ボーン・トゥ・ダイ "ビデオゲーム"リリース:2011年10月7日 "ボーン・トゥ・ダイ"リリース:2011年12月30日 "ブルージーンズ"リリース:20 (記事全文...)

ボーン・トゥ・ダイ